ホーム > 親知らず

親知らず

親知らずは抜く? 抜かない?

親知らずは必ず抜かなければならないものではありません。
痛みを繰り返していたり、歯列を矯正するような場合は抜歯しますが、問題を起こさなければ抜く必要はありません。
親知らずがあったおかげで、逆にブリッジができたという例もあります。

抜歯後の注意

やむを得ず抜歯した場合は、以下のことに注意しましょう。
  • 抜歯直後は麻酔の影響で、口唇や舌の感覚がありません。
    麻酔が覚めると少し痛くなることがありますが、30分程度で治まります。
    2~3時間は極端に熱いものや冷たいものの飲食は控えてください。
    痛み止め薬の服用は構いません。
  • 出血を止めるための綿花は、なるべく強く噛んでいてください。
    出血が30分以上続く場合は、新しい綿花やガーゼに替え、さらに30分ほど強く噛んでください。
  • 抜歯した箇所は出血予防のため、舌で触ったり吸ったりせず、そっとしておきましょう。
    赤色が淡くついた程度の唾液は心配ありませんが、赤い血が後からブクブク出てくるような場合は、すぐに連絡してください。
  • 当日の食事は軟らかく、食べやすい形のものを摂ってください。
    ワサビやトウガラシなどの刺激物や飲酒はよくありません。
  • 当日の入浴は避け、シャワー程度にしてください。過激なスポーツや労働も控えてください。
  • 寒気、発熱、吐き気、胸が苦しくなったときは、すぐに連絡してください。
  • 感染予防のため、後日必ず消毒にきてください。
    親知らずを抜歯すると2~3日腫れることがあります。
    腫れがひどい場合はご連絡ください。
お問合わせはこちらTEL:04-2963-8189
アクセス


大きな地図で見る■所在地
〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢443-2

■診療時間
月、水、土 9:00~12:00/14:00~18:00
火、金 9:00~12:00/14:00~20:00

■休診日
木、日、祝祭日

詳しくはこちら